お知らせ

勇太渡邉からの忍びない話(袖ケ浦菜の花苑)

特別養護老人ホームは365日、朝・昼・夕の食事を提供している他に、おやつやお茶なども御用意しているわけです。
しかし、中には利用者には好評ながらも職員にはちょっと……というメニューも実はございます。
その最たる例がこちら、グリーンピースご飯。

スタッフの給食としては絶滅しかねないこの献立が細々とながらも存続しているのは、実はこれをこよなく愛する施設長と看護師のグリーンピース活動!?のタマモノ(笑)。
しかしながら先般、施設長がのっぴきならない事情で勤務変更となり、せっかくの御馳走を食べそびれてしまったのです。
※注 施設長宅では反グリーンピース運動が活発で、食卓にグリーンピースご飯が並ぶことはないのだそうです(笑)。

そんなオトナの事情を知っている栄養士は後日、こう切り出しました。
「忍びねぇな」
施設長はこう答えたそうです。
「構わんよ!」
その様子を見ていた厨房スタッフは、思わずこうツッコんだそうです。
「トータルテンボスかッ!」

栄養価と嗜好を反映しながら、安心と安全な食事を今日も提供しております。
次のグリーンピースご飯は、いつでしょう!