お知らせ

All we need is “Bowl”(袖ケ浦菜の花苑)


おわんわんの日がやってきました……。
どうやら、この日の管理栄養士は忙しいらしいです。
なんといっても、みんなにお湯を注いで回らないければいけない……らしいので。


できるだけその場でお湯を入れる。
これが今回の重要なコンセプトのひとつ。


とはいえ、100食から出す厨房と、その摂食に介助の手を差し伸べる介護のスタッフにはとても大変なことだったと思います。
でもね、こんなのがホームページのネタになるようじゃダメなんですよね、ホントは。


だって、カップ麺って、その場でお湯入れるもの。
当たり前のことをやるのに、それが珍しがられるんじゃ、よっぽどここに普通がないってことになっちゃうよ。
そういうことはなくしていきたいですよね……。