ご挨拶

当さつき会は、新しい時代の変化に対応し、新しい技術・文化を吸収ししっかりと地域に根ざした医療・福祉サービスによって地域の皆様に貢献させて頂くことを念願といたしております。
 昭和58年2月、皆様の暖かいご支援を賜りまして、袖ケ浦さつき台病院を開設させていただきましたがその後、世界的には、政治・経済その他の分野で大きな歴史的変化を経験し日本においても、社会経済構造の転換と少子高齢化というテーマに直面してきております。
この間、当さつき会においては、医療法人社団さつき会・社会福祉法人さつき会の2法人を設立させていただき、地域のニーズ、時代のニーズにお応えすべく各種の施設を建設させていただいてまいりました。
 医療においては地域の中核的病院として、救急医療を始めとする地域の要請に少しでも幅広く質の高い対応ができるよう一丸となって努力しております。
 また、高齢社会への対応としては、病院、特別養護老人ホーム、老人保健施設から在宅サービスまでご利用くださる方々、おひとりおひとりのニーズに適したサービスを提供させていただけるよう施設の整備を図り、さらに、研修・教育を通じ、質的向上に励んでおります。
 皆様に少しでもよりよい貢献ができますよう、一層の努力・向上を積み重ねてまいる決意です。
 今日までのご厚情、ご支援に対し、心から、感謝の意を表明させていただきますとともに今後とも変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

社会福祉法人さつき会 理事長 矢田洋三